セロトニンを増やすために役立つ食べ物

セロトニンを増やすために役立つ食べ物

 

神経伝達物質のセロトニンは、精神や睡眠の安定に深く関与する成分ですが、増やすためにはアミノ酸のトリプトファンを摂取することが不可欠です。トリプトファンが特に多い食べ物は大豆ですから、豆味噌を食べることが特におすすめです。豆味噌は八丁味噌とも呼ばれる発酵食品で、麦麹や米麹を使わずに大豆100パーセントの原料で作るために、タンパク質の量が圧倒的に多いのが特徴です。

 

トリプトファンが豊富な豆味噌を使った料理には、名古屋名物の味噌カツや味噌煮込みうどんがあります。伝統的な料理としては、豆味噌を使った赤だしや、湯漬けもおすすめです。豆味噌や胡麻を合わせて焼き味噌を作り、温かいご飯の上に添えて熱湯を注ぐだけで湯漬けが出来上がります。豆味噌からトリプトファンを摂取すれば、セロトニンを分泌するための作用が働いて、イライラや不安のない精神状態を維持できます。

 

 

豆味噌の健康効果が高いことは、戦国時代の三英傑によって実証されています。織田信長をはじめとして、豊臣秀吉や徳川家康も豆味噌を常食として並外れた頭脳を維持しました。愛知県では豆味噌を使った煮込み料理の種類が豊富で、おでんの味付けでも豆味噌を用いて大豆レシチンも摂取して、アセチルコリンの生成も活発にさせています。